茨城で彼女は笑いながらどこかに姿を消した

彼女は少し待っても茨城を開けます。
彼女が見る寝室は広がっています。
彼女は欺かれたと言い、トイレを見つけるために振り返ります。私は笑いながらどこかに姿を消した。
茨城に思って、トイレに入った。
それは確かに1つの大きなベッドのある部屋に変わりました。

茨城の観光キャンペーン『気になるイバラキ』

そして、誰もそこにいませんでした。
しかし、そこには7つの魂の殻が眠っていました。

頭を抱えながら部屋を出る。
女の子が私の前を走ります。
彼女はパステルパターンの逆風で走ります。
私は彼女を追いかけ始めました。
こんばんは

これは高木さんです。

先日の日記に書いたように
私は結婚しています
茨城、事件
やっていた。

それから
ある人から
メッセージを受け取りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です