茨城では優しすぎたあなた

いて何も気付かずに
茨城で寄り添う
それらの間の距離に気づいた

“申し訳ありません。”
語られる茨城
「ありがとう」の一言
優しすぎたあなたからの答え

茨城新聞親善大使

 

二度と愛せない
事実の雨
触れれば触れるほど明日は薄れていく
もう抱けない
手の葉
接続できなくてもさようなら

その日私は濡れた笑顔で去りました
忘れられない
揺れる心をコントロールできない
茨城は再びピースを引きます

いつか私はより強く感じる
私を壊します
いくら聞いても
繰り返す孤独な笑顔
また愛したい
私は泣いています
あふれる言葉を伝えたい
また会いたい
あなたの願いが叶うなら
彼らにあの時代に再び行かせてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です