茨城を二度と愛せない

時が過ぎたというニュース

“申し訳ありません。”
ムリに見せた茨城
白い部屋と小さなあなた
茨城的に私に言った最後の事実

二度と愛せない
事実の雨
触れれば触れるほど明日は薄れていく

茨城マルシェの変わり種な納豆メニュー

また愛したい
私は泣いています
届かない
また歩きたい
あなたの願いが叶うなら
この接続で当時に戻る
8歳の若者

茨城の島から

同年齢の彼女に会った

大学から大学まで

多くの悪い友達

女性の遊びはたくさんありましたが…

彼女が今まで会った女性

まったく異なる雰囲気

アグネスラムの若者のようだった

熱帯特有の香りを放つナース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です