茨城の童貞の代わりに暮らしています

「茨城の童貞は本当です。この子供は14歳のときに作られました」
「……14歳の時に作ったの?」
「ええ、私はこの世界になりたくありませんでしたが、私はこの子供を私の代わりにさせました。」
“…なぜ?”

茨城”インスタ映え”旅で童貞を脱出!それは簡単な方法だった

その後、いろいろな話を聞きました

ここを理解しやすくするため
茨城の童貞A …彼女は14歳です
B子…14歳以降の彼女

子供の話によると

14歳のAの衝撃的なイベント(詳細はまだわかりません)
記憶喪失があったようです

約一ヶ月後に帰ってきた
茨城の童貞の時、私は自分の殻で何もできません
Aの分身の代わりに?たくさんの人と暮らしている(例:ご飯を食べる人、会社で勉強する人、話す人、歩く人)

最初は細分化された個性があるようです
子どもAができるようになったとき
できることの個性がなくなると言いました

…では…B子とは?

つづく
(これはフィクションです)
2年前に亡くなった彼の死の日

そして来週、一年前に亡くなった祖母の死日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です