茨城で私は戦う準備ができている

茨城の元タリバン戦闘機

22日に射殺された少女カマル・グル(15)

埼玉の報道によると、タリバンのような過激派が攻撃した場合

「私は戦う準備ができている」と彼は言った。

グルは先週、村の自宅でタリバンに襲われた

自宅でカラシニコフ自動小銃(AK47)で2人の戦闘員を射殺

茨城の家からのAFPの電話インタビューに答えたグル氏

「私はもう彼らを恐れていません、私は戦う準備ができています。」

達人は真夜中頃に攻撃されました

茨城の兄と一緒に部屋で寝ている間に玄関から突入する男性の音が聞こえる

「彼らは私の父と母を連れ出し、何度も撃ちました。私は怖かったです。」

しかし、次の瞬間、グル氏は「怒りに襲われた」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です